舌苔(ぜったい)をきれいにして口臭予防

白く分厚い舌苔は、明らかに口臭の原因となっている事が予想されます。見た目もいい印象ではありません。このような場合は、余分な舌苔を除去して、少しでも口臭を予防する事を心がけましょう。

お手入れの方法

舌苔を器具などを使って掃除しようとすると、どうしても過剰になってしまう場合があるので、注意が必要です。

では、一般的なお手入れの方法をご紹介します。

器具を使わない方法

これは、私がお勧めする、器具を使わない方法です。

口の中で舌を上あご(天井のようになった部分)に押しあて、表面を天井にこすりつけるように、よく動かして取り除きます。

いつでも出来ることなので、皆さんも試してみてください。

舌クリーナーを使用する

これは、舌苔を取るための道具です。

舌苔が厚く積もり、舌の中心に溝ができて味覚が鈍っているような場合にのみ、除去するようにしましょう。

使い方は、舌クリーナーを奥のほうから手前に舌の表面をなぞるようにこすります。

何回も同じ所をこすったり、力を入れすぎると表面を傷つけてしまうので注意してください。

タブレットを使用する

「BREO」のような舌苔を分解するタブレットが最近の舌苔ケアの主流になりつつあります。

「BREO」には、アクチニジンが含まれており、アクチニジンとは、たんぱく質を分解する働きがあります。

舌苔もたんぱく質なので、舌の上にブレオを載せておけば、アクチニジンが舌苔を溶解してくれるという仕組みです。

お風呂に入った時にできる方法

シャワーの勢いを少し緩めて、舌に20秒ほど当ててみてください。舌苔が少し取れるのが分かります。

ケアに関する注意点

ある程度の舌苔はお口の機能を正常に保つために必要なものです。

舌苔を取りすぎて舌が炎症やひどい口臭を引き起こしたり、味覚障害を起こすこともありますから、過剰に器具やタブレットなどを使って舌の掃除をするのはやめておきましょう。

舌苔の状態は、1日のうち体の状態によって何回も変化します。

しかし、それを口臭の原因として物理的に取り除こうとするのではなく、それが体の健康のバロメーターと認識して見ていけばよいと思います。

一番大事な事は、舌苔を付きにくくする生活習慣や口内環境を整える という事です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ